~友情は1400年の彼方から~ 古代東アジアの国際交流を雅やかに再現した大阪のお祭り

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくある質問

大阪で行う意味はあるの?

日本では東京を中心に欧米に対する国際交流ばかりが先行している感があります。
ところが、関西・大阪の歴史を振り返れば、かつての「なにわの津」「四天王寺」などでは、素晴らしい国際化時代を経験していた事実があります。
そして、その時代に特に交渉が活発だったのは、現在の東アジア・朝鮮半島・大陸の国々でありました。
元々素地としてもっている東アジ アとの交流の歴史を現代に活かす。
これが大阪という地域の活性化になり、大阪から発信する情報になるものだと考えています。

古代の国際交流はどんな風だったの?

古代は当然今のような情報化社会ではありません。
ですから余計に人と人の交流が(今より?)活 発だった訳です。
考えてみれば古代にはパスポートもビザも有りませんし、国境だってかなり曖昧なものでしたから、人々の移動を制限するものは以外に少なかったのです。
そんな人々の移動の中で多くの人々が当時の日本を訪れ、又定住していきました。
そのような人 々の多くは、朝鮮半島や中国大陸を中心に、果ては中近東のペルシャからやってきたという記録もあります。そのような人々の多くは、出身地の文化や技術を日本に紹介・導入していく事にな ります。

どんな経緯で始まったの?

国際化時代の進展と関西・大阪の活性化。
この二つは地元の企業家・市民にとって重大な問題である。と考える有志が自然と集まりました。
しかし、どうやってこの二つを実現していくかとなると中々異論百出です。
例えば「東アジア交流博物館」みたいな箱ものを造ろうとか、人の集まるイベントを行なおう、 とかいろんな案がありました。
しかし、最後に落ち着いたのは「まつり」を創ろうということです。
いわゆる箱ものは、時がたてば朽ち果てるでしょう。しかし、「まつり」という文化であれば、それは永遠に続けることができるのではないか。
「永続性のある文化」であれば、これこそ未来を担う子供たちへの最大の遺産になると有志たちは考えたわけです。

四天王寺ワッソのプログラムってどんなの?

◆巡行(パレード)
いろんな国々から訪れた使節団、彼らを出迎える日本の偉人たち、千人近い人びとが古代衣装を身にまとって所狭しとなにわの宮跡公園を練り歩きます。華やかな舞姫と楽隊、子どもたちのプンムルノリ(舞と演奏)は圧巻です。

◆交流儀式
中央の特設ステージでは偉人たちが渡来の使節団を出迎えて古代の交流儀式が行われています。人物の衣装や小道具はもちろん、楽器や音楽もきちんと時代考証されていて、当時の国名の旗、人物の名前の旗に先導されていますから歴史の勉強にもなります。

その他にも各国のグルメを集めた「まんぷく屋台広場」や、お子様にも楽しんでいただける「わくわく体験広場」など、一日中見て、感じて、楽しんでいただけます。

「四天王寺ワッソ」なのにどうして「なにわの宮」で開催するの?

古代の大阪は、上町台地の西は海、東は潟(湖)でした。
東アジアからの使節団が最初に上陸する地に築かれたなにわの宮は古代の副都で、ここを中心としてその周辺に内外の外交施設が置かれました。人びとは海路を終え、当時の迎賓館である四天王寺へ、さらには飛鳥・大和へと文化を伝承していったのでしょう。
市民の祭りである四天王寺ワッソはより多くのみなさんに観覧していただくため、歴史的にゆかりのある「なにわの宮跡公園」で開催されるのです。

王仁(わに)博士の渡来

倭国・百済の友好関係の中、多くの人々が倭国を訪れました。その中でも有名な王仁博士の渡来です。
「また百済国にも『もし賢し人あらば』とおおせたまひき。故、命を受ける人、名は和邇吉師(わにきし)。
すなわち論語十巻、千字文一巻、併せて十一巻をこの人に付けて贈りき。」
(古事記応神天皇の段)

「阿直岐(あちき)はまたよく経書を読んだ。それで皇太子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の学問の師とされた。天皇は阿直岐に『あなたより優れた学者はいるかどうか』と問われた。『王仁という優 れた人がいます』と答え、王仁を招かれた。」
(古事記応神天皇十五・十六年の条)

*王仁博士が難波をたたえて詠んだ歌「難波津に 咲くやこの花冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」
『古今和歌集』 大阪市「此花区」・花博「さくやこの花館」は、この歌にちなんで命名されました。

聖徳太子の衣装

聖徳太子の服装は一万円札の姿と思われていますが、これは太子没後百年以上後に描かれたもので、太子の時代には、あのような冠、笏(しやく、手に持った長い板)、メタルで飾ったバンドがありませんでした。
そこで、「四天王寺ワッソ」では、その様な服装も歴史学者の考証のもと史実に忠実に再現しました。
「十三年閏七月己末期、皇太子、諸王、諸臣に命じて褶(ひらおび スカートのようなもの)を着せし日む。」
(日本書紀 推古天皇十三年の条)

「亦衣装は錦・紫・縫・織・及び五色の綾羅(あやうすはた)を用ふ(一に云く、服の色は皆冠の色を 用ふ) 」
(日本書紀 推古天皇十六年の条)

1.冠(かんむり)
2.冠の緑(かんむりのもとはり)
3.袍(ほう)
4.袍の胸紐(ほうのむなひも)
5.袍の緑(ほうのもとはり)
6.下襲(したがさね){ 内衣(ないい)}
7.長紐(ながひも)
8.袍の欄(ほうのらん)
9.袍の欄の緑(ほうのらんのもとはり)
10.褶(ひらおび)
11.表袴(うえはかま)
12.表袴の緑(うえはかまのもとはり)
13.靴(くつ)

アジア各国は盛んな交流を行い、日本へも多数の人々が訪れました。
中でも高句麗の僧慧慈は聖徳太子の仏教の師であるでなく、政治・外交政策の助言者として海外の情報を伝え、聖徳太子の諸政策にも大きな影響を及ぼしたと云われています。
「夏四月十日、厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとはとみみのみこ)を立てて、皇太子とされ、国政をすべてまかされた。また仏法を高句麗の僧慧慈に習われ儒教の教典を(百済)の覚架博士に学ばれた。そしてことごとくそれをお極めになった。」
(日本書紀推古天皇元年の条)

「皇太子は慧慈を師とされた。この年にはまた、百済の僧慧聡(えそう)もいらしゃった。この二人の僧は、仏の教を広め、いずれも三宝の棟梁となった。」
(日本書紀推古天皇三年の条)

*三宝の棟梁・仏教界の中心人物の意
「高句麗王が僧曇微・法定らをおくった。曇微は五経に通じており、絵具・紙・墨などを作り、水力を用いる臼をも造った。水臼をつくったのはこれが最初であろう。」
(日本書紀推古天皇十八年の条)
*五経・儒教の聖典「易経」「書経」「詩経」「札記」「春秋」の総称

古代人の挨拶

古代人は天地自然や祖先を崇拝し、上代の昔より 両段再拝という礼拝を行っていました。
これは現在でも神社などで行われる「再拝」(拍手を二回うつ形)のさらに丁寧なものといえます。

1.基本姿勢
2.両手を前で合わせて、片ひざをつき四回礼
3.立ち上がり四回拍手
4.揖( ゆう・会釈)

仏教の伝来

仏教が倭国に公式に伝えられたのは、538年・548年・552年と様々な説がありますが、いずれにしても百済の聖明王(せいめいおう)が怒利斯致契(ぬりしちけい)を倭国に遣わせたことに始まることは間違いないでしょう。
「聖明王は西部姫氏達率怒利斯致契(せいほうきしだちそちぬりしちけい)らを遣わして、釈迦仏の金剛像 ・一躯・幡蓋(はたきぬがさ)若干巻・経論若干巻を贈った。別に、仏を広く礼拝する功徳を述べて、『この法は諸法の中で最も優れております。(中略)遠く天竺(インド) から三韓に至るまで、教に従い尊敬されています。』(中略)天皇はのれを聞きたまわって、欣喜雀躍され、『自分は昔からこれまで、まだこのような妙法をきかなかった』(中略)蘇我大臣稲目宿襯(そが のおおおみいなめすくね)が申すのに『西の国の諸国は皆礼拝しています。豊秋の日本だけがそれに背くべきでしょうか』と。」
(日本書紀欽明天皇十三年の条)

遣隋使の派遣

随が中国を統一したことで東アジアの国々は大きな圧力を受けることとなりました。
その中で各国は盛 んな交流を行い、聖徳太子は四天王寺を舞台に等距離外交を展開していきました。
「大唐(もろこし)の使人、裴世清(はいせいせい)と下客十二人が、妹子に従って筑紫についた。 (中略)六月十五日、客たちは難波津に泊まった。この日飾船三十艘で、客人を江口(大阪中之島か)に迎えて新館に入らせた。使者、裴世清自ら書を持ち、二度再拝(両段再拝)して使いの旨を言上した。」
(日本書紀推古天皇十六年の条)

天日槍(あめのひぼこ)・阿加留比売(あかるひめ)の渡来

「三輪の君の祖大友主(そおおともぬし)と倭直の祖(やまとのあたい)である長尾市(ながおち)とを播磨に遣わして、天日槍にお尋ねになって「『どこからいらっしゃいましたか。』と仰せられた。天日槍は答えて、『私は、新羅国の王子です。』(中略)彼が携えるものが、葉細の珠・足高の珠・鵜鹿鹿の赤石の珠・出石の刀子・出石の槍・日の鏡・熊の神籬・胆狭浅の太刀、あわせて八つがあった。」
(日本書紀垂仁天皇三年の条)

「その玉を持ち着て、床の辺に置くと、美麗しきおとめになった。よりて(天日槍の)正妻とした。(中略)その女が言うには、『だいたい私があなたの妻となるような女ではありません。私の祖先の国 に行きます。』といって、ただちに小舟に乗って、難波に留まった。(これを難波の比売許曾の杜に坐 す阿加留比売の神という)」 (古事記応神天皇の段)

金春秋(きんしゅんじゅう)の渡来

「新羅が上臣大阿食金春秋(だいあさんこんしゅんじゅう)後の武烈王らを遣わして、博士小徳高向黒 麻呂(はかせしょうとくたかむこのくろまる)、小山中中臣連押熊(しょうせんちゅうなかとみのむらじおしくま)を送り、孔雀一羽・鸚鵡〔オウム)一羽を贈った。春秋は容色美しく快活に談笑した。」
(日本書紀孝徳天皇三年の条)

*中臣鎌足の冠・大織冠について
大化の三年の服制を参考にすると、紫冠の上に繍冠、さらにその上に織冠がある。
つまり織冠は特に功績の あった人間のみに与えられる最大の栄誉であり、中臣鎌足が大織冠をもらったということは、その功績が古代史上でも最も優れた者であったということがうかがえる。
「天皇は東宮太皇弟(ひつぎのみこ)大海人皇子を藤原(鎌足)内大臣の家に遣わして、大織の冠と大臣の位とをお授けになった。また、姓を受け賜って藤原氏とした。」
(日本書紀天智天皇八年の条)

申込方法を教えて下さい。

メールか電話にて、まずはお問合せください。詳しくはこちらをご覧くださいませ。

どのくらい前から予約ができますか?

当協会ではご予約時期の制限は設けておりません。
早くご予約される場合は、お選びいただける幅が広いことがメリットです。

確認の連絡が来ません。

担当者より土日祝日を除く2日以内に担当者より返信が無い場合、お手数ではございますが四天王寺ワッソ事務局までご連絡くださいませ。(TEL 06-6371-8703)

事前に現物を確認することは可能ですか?

はい、可能です。
衣装をご覧いただいてからどの衣装レンタルするか決めることもできますのでごゆっくりお考えください。
また、希望の衣装が事前に決定されている方は、お問い合わせ時にお伝え下さい。

但し、1日5,000円の費用がかかりますのでご了承ください。

小さな子供の衣装はありますか?

お子様用衣装のご用意はございませんが、120cm~150cm程度の身長の方に着ていただけるサイズの衣装がございます。

冠や髪飾りなど小物のみのレンタルも可能ですか?

はい、可能です。

シューズのレンタルは可能ですか?

シューズご希望という方はサイズを明記の上お問い合わせください。

レンタル衣装や靴などは、室内のみの着用ですか?

屋外でのご利用も可能ですが、特に雨の日などの屋外での着用は汚れにご注意くださいませ。

お支払いのタイミングは利用後ですか?

基本費用含む半額(税抜き)を確定後先にお支払いいただきます。
確定後にお送りする「お申込確認メール」から5日以内にお振込みいただきます。
ご利用終了後、残金(税込み)をお支払いください。
※それぞれの請求書を発行いたします。

振込期限を過ぎてしまいました。どうしたらいいですか?

その旨担当者へご連絡いただければ対応さえて頂きます。
ご入金確認ができない場合、担当者からも確認のメールをさせて頂く場合がございます。

キャンセルしたい場合はどうしたらいいですか?

キャンセル希望の場合は必ず担当者へご連絡ください。
キャンセル料に関しては、こちら をご覧ください。

お支払い方法を教えてください。

レンタル物品引き渡し時に直接お渡しいただく場合・・・現金
それ以外・・・銀行振込
お選びいただけます。

配送ではなく、自分でレンタル品を取りに受け取りに行くことはできますか?

はい、事前に担当者と受取日時を相談し門真市桑才新町までお越しいただける場合は、直接お渡しいたします。

ワッソ倉庫の場所はこちら

全国配送可能ですか?

はい、全国配送可能です。

時間指定は可能ですか?

はい、お時間の指定は可能です。その場合、ヤマト運輸でお送りしますので、
午前、12ー14時、14-16時、16-18時、18-20時、20-21時の中からお選びいただけます。

自宅以外の建物やイベント会場に配送することは可能ですか?

はい、可能です。ご指定頂いたご住所にお届けいたします。
ただし、お客様自身で配送先に受け取り可能か必ずご確認くださいませ。
(配送先によっては配送条件の指定がある場合がございます。)

送り先や時間指定の変更をしたいのですが。

変更したい場合は、受取日の最低5日前までにお電話もしくはメールにてご連絡くださいませ。

沖縄や九州地方、もしくは北海道など遠方で受取することは可能ですか?

はい、可能です。詳しくは担当者へお問い合わせください。

配送をお願いしたのですが、配送されているかどうか心配です。

配送の場合は、発送時にご指定頂いたアドレスにお荷物番号を記載した発送メールをお送りしております。
今一度メールをご確認ください。
携帯電話へメール希望された方は受信拒否設定されている場合や、PCメールでも迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がございます。
届いていない場合は四天王寺ワッソ事務局までお問い合わせくださいませ。(TEL:06-6371-8703)

指定の時間帯に荷物が届きません。

まずは、発送メールに記載しているお荷物番号で直接ヤマト運輸にお問い合わせください。
http://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko
こちらに配送状況が記載されております。
その他ご不明点がございましたらは四天王寺ワッソ事務局までお問い合わせくださいませ。(TEL:06-6371-8703)

返却時の配送方法について教えて下さい。

受取時と同じように箱やダンボール、袋などに入れてください。
ただし、極端に小さく丸めたり雑な梱包にならないようご注意ください。

配送で返却する場合、配送業者の指定はありますか?

配送業者の指定はございません。
ヤマト運輸、佐川急便、郵パック等お好きな方法で配送ください。

どこから配送を頼めますか?

ヤマト運輸や佐川急便でしたらご自宅まで集荷に伺うサービスがございます。
また、ゆうパックでしたらコンビニからも出せます。
詳しくは各社HPを御覧ください。
ヤマト運輸:http://www.kuronekoyamato.co.jp/top.html
佐川急便:http://www.sagawa-exp.co.jp/
ゆうパック:http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/index.html

返却を忘れた際や、返却指定日に遅れてしまった場合はどうなりますか?

まずはその旨を四天王寺ワッソ事務局へ至急連絡をお願い致します。(TEL:06-6371-8703)
次の方がいらっしゃる場合や、クリーニングに出せない場合など事務局にて対応が必要な場合がございます。
万が一、次のお客様に被害が発生した場合は、延滞料金を一日につき5,250円頂く場合がございます。

クリーニングに出す必要はありますか?

クリーニングはこちらで出しますのでお客様が出す必要はございません。

汚した場合、どうすればいいですか?

クリーニングは当店で出しますので、お客様で出す必要はございません。
レンタルの際にはすべての物品に動産保険を掛けておりますが、その際、通常のクリーニングで落とせなかった場合は別途クリーニング代を請求、もしくは弁償して頂く場合がございます。

キズをつけたり破損させてしまったらどうしたらいいですか?

まずは、その内容をご連絡いただけると幸いです。
レンタルの際にはすべての物品に動産保険を掛けており、その補填範囲で修復をいたします。
補填可能範囲を超えて修復は必要な場合は、別途弁済料金を頂く場合がございます。

商品を変更したいのですが可能ですか?

商品の変更は可能です。メール・お電話どちらでも構いません。

商品を変更したいのですが、キャンセル料金は発生しますか?

変更の場合はキャンセル料金は不要です。

キャンセルしたいのですが、どうしたらいいですか?

まずは四天王寺ワッソ事務局までご連絡くださいませ。
キャンセル料に関しましては以下の通りです。
◎受け取り予定日の1週間前まで→無料
◎受け取り予定日の当日まで→5400円(税込み)
※郵送済の場合、キャンセルとなっても往復の送料を負担していただきます、ご了承ください。

ワッソってどういう意味?

「ワッソ」とは、現代韓国語で「来た」という意味です。
千数百年以上も前から海を越え、多くの人々がやってきては繰り広げられた交流を再現するにあたり「来た」という言葉を祭りの名称にしたのです。

今年の開催日はいつ?

四天王寺ワッソは例年11月の第1日曜日が開催日となっております。
但し、文化の日と第1日曜日が重なる年は、開催日が前後に変更される場合もございます。

四天王寺ワッソはどこでやっている?

史跡なにわの宮跡で行っています。
住所:大阪市中央区法円坂1
アクセス:地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅10番出口よりすぐ、JR大阪環状線「森ノ宮」駅より徒歩約10分

エントランス

入場料は?

入場は無料です。 巡行は公園内どこからでもご覧いただけますが、ステージ前に観覧席もご用意しております。

観覧席についてはこちら

観覧席

車椅子は観覧席に入れますか?

車いすでご来場される方で、座席をご希望の方は事前に事務局へお問い合わせください。
(スペースに限りがあります。ご了承ください。また介助者のお座席が近くにご用意できない場合がございます。)
お問い合わせはこちら

巡行ってなに?

楽隊や舞姫による古代の音楽や舞、舟だんじりや輿に乗った古代の偉人やそのお供に扮した参加者が練り歩きます。
当時を忠実に再現した衣装をまとい、東アジア諸国の音楽を奏でながら約1000人が ワッソ!ワッソ!と声を出しながら練り歩く様子は圧巻です。

巡行

巡行はどこからスタートするの?

現在の四天王ワッソは、なにわの宮跡公園内だけで行っています。
レッドカーペットを敷いて150mの道を作り、その上を巡行します。
※公道でのパレードは現在行っておりません

巡行路

舟だんじりってなに?

古代の人々が使用した舟の歴史にはまだまだ研究を待たなければいけない部分も多いのですが、 基本的には、

  1. 木をくりぬいた「丸木舟」
  2. その上に構造物を取り付けた「準構造船」
  3. まったく個々の部品から組み上げた「構造船」

と順番に進歩したと言われています。
四天王寺ワッソでは、日本・韓国で発掘事例のある舟型埴 輪をモチーフした準構造船と、遣隋使以降に用いられる様になった構造船を模した舟だんじりを使用し、大海原を越えて日本を訪れた人々の姿を表現しています。

1 2

PAGETOP
Copyright © 四天王寺ワッソ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.