~友情は1400年の彼方から~ 古代東アジアの国際交流を雅やかに再現した大阪のお祭り

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくある質問

聖徳太子の衣装が違う?

四天王寺ワッソの中心人物として登場する聖徳太子。
良く見ると何だかイメージが違います。 一般的聖徳太子像というと、ゆったりした服装で、両手でなにやら小さな板のようなものをもっている。というイメージでしょう。
ところが四天王寺ワッソの聖徳太子は、ズボンの上にひだのついたスカートのようなものはつけているし、手には何ももっていません。
実は一般的聖徳太子像は、旧1万円札の姿によってイメージされているもので、これは史実とは異なります。
正確には、聖徳太子没後1世紀ほど後に描かれたのが旧1万円札の肖像画であり、実際は四天王寺ワッソの衣装が歴史に忠実に再現されたものです。
このほかの登場人物も、歴史に 忠実に再現された衣装を用いています。

古代人はどんな挨拶をしていたの?

四天王寺ワッソの大巡行に登場する人物と日本側出迎えの人物が交流する際、当然挨拶がかわされます。
この挨拶は「両段再拝(りょうだんさいはい)」というものです。
皆さんが神社にお参りをする時、両手を2度叩いて手を合わす形式、これを「再拝」といい、それを最も丁寧に2回 繰り返すのが「両段再拝」です。
時代によって、膝を地面につける方式と、立ったまま行なう方式の2種類がありますが、基本的には同じ物と考えていいと思います。
現在でも「両段再拝」は神社などで通用しますので、来年の初詣では一度試してみるのも面白いでしょう。
きっと宮司さんに感激されるでしょう。

雨の場合は?

雨天時は場所を変えて屋内で開催いたします。
場所:大阪国際交流センター
住所:大阪市天王寺区上本町8-2-6

悪天候の場合、本祭当日午前7時の時点でなにわの宮で行うか雨天会場で行うかを判断いたします。
決定内容はホームページにて告知いたします。お電話でのお問い合わせも可能です。
問い合わせ先はこちらをクリック

どんな催しものがある?

公園内を約1000人が練り歩く巡行や、パーソナリティの浜村淳さんによるミニ歴史劇、ステージを彩る 演舞などがございます。 そのほか、さまざまな飲食ブースが立ち並ぶ「まんぷく屋台広場」、物産や企業ブースなど見所満載の 「エントランス広場」、バルーン遊具や民族衣装体験・手作り体験などお子様連れでも楽しめる「わくわく体験広場」など、一日中楽しめるイベントとなっております。

2013年のワッソの様子はこちら

ミニ史劇サムルノリまんぷく広場

子連れでも楽しめる?

お子様連れでも楽しんでいただけるような、広場をご用意しております。
民族衣装や古代のおもちゃを体験できるコーナーや、クラフトワーク体験、バルーン遊具などをご用意しております。(一部有料)
近隣のかわいいご当地キャラクターも登場します。
※内容が変更になる場合がございます。

わくわく

四天王寺ワッソにボランティアとして参加できる?

ボランティア四天王寺ワッソのボランティア参加は大きく分けて2種類あります。
①衣装を着て巡行に参加する巡行ボランティア
②運営のサポートをする運営ボランティア
どちらも7月頃から募集開始のご案内をホームページ上にて行います。
個人・団体でのお申込みも可能です。

尚、正会員になると優先的に巡行ボランティアに参加できます。
入会についてはこちらをクリック

会員特典は?

・四天王寺ワッソ観覧席へのご招待(当日並ばなくてもお座りいただけます)
・四天王寺ワッソへの巡行出演
・会報誌を年2回、四天王寺ワッソDVDと特製カレンダーを年末に送付
・歴史探訪ツアーなど割引料金での参加
入会についてはこちら

楽器や衣装はレンタルできる?

四天王寺ワッソで使用している楽器・衣装は一部貸し出しを行っております。
尚、四天王寺ワッソ練習期間などお貸しできない時期がございます。ご了承ください。
レンタルについて詳しくはこちら

1 2

PAGETOP
Copyright © 四天王寺ワッソ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.