古代の大阪は、上町台地の西は海、東は潟(湖)でした。
東アジアからの使節団が最初に上陸する地に築かれたなにわの宮は古代の副都で、ここを中心としてその周辺に内外の外交施設が置かれました。人びとは海路を終え、当時の迎賓館である四天王寺へ、さらには飛鳥・大和へと文化を伝承していったのでしょう。
市民の祭りである四天王寺ワッソはより多くのみなさんに観覧していただくため、歴史的にゆかりのある「なにわの宮跡公園」で開催されるのです。