「ワッソ」とは、現代韓国語で「来た」という意味です。
千数百年以上も前から海を越え、多くの人々がやってきては繰り広げられた交流を再現するにあたり「来た」という言葉を祭りの名称にしたのです。