古代は当然今のような情報化社会ではありません。
ですから余計に人と人の交流が(今より?)活 発だった訳です。
考えてみれば古代にはパスポートもビザも有りませんし、国境だってかなり曖昧なものでしたから、人々の移動を制限するものは以外に少なかったのです。
そんな人々の移動の中で多くの人々が当時の日本を訪れ、又定住していきました。
そのような人 々の多くは、朝鮮半島や中国大陸を中心に、果ては中近東のペルシャからやってきたという記録もあります。そのような人々の多くは、出身地の文化や技術を日本に紹介・導入していく事にな ります。