古代人は天地自然や祖先を崇拝し、上代の昔より 両段再拝という礼拝を行っていました。
これは現在でも神社などで行われる「再拝」(拍手を二回うつ形)のさらに丁寧なものといえます。

1.基本姿勢
2.両手を前で合わせて、片ひざをつき四回礼
3.立ち上がり四回拍手
4.揖( ゆう・会釈)