日本では東京を中心に欧米に対する国際交流ばかりが先行している感があります。
ところが、関西・大阪の歴史を振り返れば、かつての「なにわの津」「四天王寺」などでは、素晴らしい国際化時代を経験していた事実があります。
そして、その時代に特に交渉が活発だったのは、現在の東アジア・朝鮮半島・大陸の国々でありました。
元々素地としてもっている東アジ アとの交流の歴史を現代に活かす。
これが大阪という地域の活性化になり、大阪から発信する情報になるものだと考えています。